家族葬とは

家族葬の場合は、近親者だけで葬儀を行い火葬するところまでは密葬と同じですが、それで一つの葬儀として完結した形態で、日を改めて本葬を行うことはありません。火葬場などの関係から、参列者はごく少数の近親者に限られます。家族葬は小規模な葬儀全般を指すもので、葬儀の様式や宗教形態を規定するものではありません。そのため、各宗教・宗派の聖職者による宗教儀礼も行われます。また故人の希望により無宗教式で行われ…

続きを読む

家族葬のメリット

参列人数の確定や葬儀社による予算の変動が少なくて安心で、日程などが自由に設定しやすいです。近親者のみで行うため、弔問客への気遣いが少なく、落ち着いて故人とのお別れができる。少人数で行うため、葬儀場の設備費用などが抑えられ、通夜振舞い・返礼品等の費用も低額になります。心のこもった葬儀を行いたい遺族にとっては、ふさわしい葬儀の形態ともいえます。なお家族葬の費用については、通常の葬儀で使われるもの…

続きを読む

家族葬のデメリット

弔問客に極力知られないようにするので、自宅や集会所などでの葬儀は基本的に出来ません。このため、火葬場の併設の式場が営まれるが、そのための費用がかかります。また故人の遺体とは通夜までに気軽に会えないこともあります。弔問客から、葬儀後に苦言を呈されるなどが生じる時もあります。弔問客が後日自宅にバラバラに弔問に訪れ、そのための対応に苦慮することもあります。家族葬でも葬儀費用は一般葬に比べほとんど変…

続きを読む